あかりのつき

骨格診断ストレート・パーソナルカラーサマーな30代です。自分らしく似合うおしゃれとより良い生き方を考える

同じ服を着ているよりも、たった1日でもダサいことが致命傷

友人が教えてくれた事。

 

同じ服を着ている事よりも、

1日でもダサいコーデをしていると

その1日が強烈に脳裏に焼き付けられ

その後オシャレな格好をしていたとしても

ダサいイメージが残るのだそう。

 

何かの本で読んだそうです。

 

1日のダサいコーデがそんなにも致命傷だとは知らなかったです。

 

それ言ったらもともと私はダサイからもはや

失うものはないじゃない!と思いました(笑)

 

正直、夏の終わりから秋は2着のカーディガンを

交互に羽織っていました。

時々パーカを着てごまかしつつね。

 

いつも同じ服着てるって思われているだろうなって

自覚もあります。

でもそんなに衣装持ちでないし少し悩んでいました。

 

そして友人はこうも言ってくれました。

 

アメリカ版「ウォーグ」の編集長アナ・ウィンターは

ほぼ同じデザインの靴ばかりをいつも履いている。

matome.naver.jp

 

みごとにヌードカラーのサンダルばかり!

彼女は似合うスタイルを知っていて

同じ靴を履いているということなのだそう。

 

私は全然知りませんでした。

これを知ってから似合わないダサいコーデよりは

カーディガン2着を交互に着たっていいじゃない。

いつも同じお気に入りの靴でもいいじゃない。

似合っていれば!

 

と自信をもらいました。

 

それ以来、大好きな青全般、特にネイビーの服を

これからも季節ごとにそろえていけると喜びました。

 

私は基本ネイビーとグレーのきれいめカジュアルな人って

まわりにも認知されるくらいでいいんですね。

 

 骨格診断とパーソナルカラーを知ってから

似合う服や小物へシフト中なのでまだまだですが、

一通りそろえば毎日のコーデとかすごくラクになりそうです。