あかりのつき

骨格診断ストレート・パーソナルカラーサマーな30代です。自分らしく似合うおしゃれとより良い生き方を考える

初めての胃カメラ

今週のお題「年内にやっておきたいこと」

 

今年のうちにやっておきたいと思っていた胃カメラ。

 

本当は怖くてやりたくないけれど

半年前から胃の調子が悪くて

胃痙攣や胃痛など不快感に悩まされていました。

 

さすがに半年も続くと逃れられないと思い

泣く泣く胃カメラをすることに。

 

いつも通っているクリニックでは検査が出来なかったので、

紹介状を書いていただきました。

鼻からのカメラを希望したら、先生が口からじゃないと

細部をしっかり見れないから口からがいいですよ。

とアドバイスをしてくれたのですが、

私は絶対に鼻からと心に決めていました。

 

検査は夕方からだったので、朝ごはんは普通に食べてOKでした。

しかし朝起きられず、緊張のせいかお腹も減らなかったので

実際前夜から何も食べず検査に挑むことに。

 

検査の日までゆううつだったけれど、

考えるだけムダと思いなるべく考えないように過ごしました。

 

当日は心の準備も出来ていないのに

(あたりまえだけど・・・)

看護師さんが鼻にスプレーみたいのをしてきて

コップ半分の液体を飲まされて

麻酔を鼻から流し込まれ

されるがままでしたね。

 

鼻にチューブを入れて数分放置でいる時

自分の姿を想像してすごく笑えました。

すごいシュールだ!って。

 

もはや緊張して笑えたのか

なんなのか分からなかったけれど・・・。

 

とにかく緊張はよくないと聞いていたので

もういろんな事を手放してポケーっとしていようと

心に決めていました。

 

でも先生がいざカメラを入れ始める時は

けっこう緊張しました。

 

なんていうんだろう

オエっというのは全くなかったです。

ただ、喉の容量超えそうっていうくらい

カメラが大きく感じました。

 

そして不快感があり鼻からの胃カメラはラクって

言うけど言う程ラクじゃないなぁと思っていました。

時間もあっという間というけれど、長く感じました。

 

最後の方は薬なのか空気なのかお腹がぎゅるぎゅる

いってましたね。

 

私の場合なぜか涙が止まりませんでした。

怖いとかそういう感じじゃなくて

ただツーっと涙が流れていました。

 

目を閉じてぼーっとして早く終わらないかな~、

早くカメラ抜いてほしいなと

ずっと思っていた気がします。

 

どうして胃カメラしようって思ったんだろうかと

後悔もしました。

 

終わった後に診察室で撮影した胃の映像を見る事が出来ました。

これが一番楽しかったです。

初めて見る自分の胃や食道、十二指腸にテンションあがりました。

 

結果はちっちゃいポリープが1つあるだけで

健康そのもの♪

胃痛の原因は精神的なものじゃない?と言われました。

とりあえずなんでもなかった事にホッとしつつ

精神的ねぇ・・・と対処法をどうしてよいかわからず

もやもやしました。

 

次は6月頃に健康診断でバリウムじゃなくて

胃カメラをしようと思っています。

正直ゆううつだけどしょうがない。

 

年内に胃の問題とは決着をつけたかったので

胃カメラをできたことは良かったです。

あとは精神的にどうもっていくかですね。

 

とにかく無事に終わって良かった~!!