読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あかりのつき

骨格診断ストレート・パーソナルカラーサマーな30代です。自分らしく似合うおしゃれとより良い生き方を考える

本当に自分がしたいおしゃれしていますか?

お題「これって私だけ?」

F E A R


この頃、ファッションも仕事も結局のところ私は何を目指せばいいのだろうか?

と思うことがよくあります。

 

骨格診断・パーソナルカラー診断と出会い自分に似合うアイテムやカラーはわかりました。

診断後は色々と悩むことも多かったのですが、骨格診断ストレートだから制限するものでもなく、ファッションをそれなりに楽しめることもわかってきました。

骨格診断ストレートの上半身の厚みも受け入れられるようになりました。

 

しかし、そもそも私はどうなりたいのかというところが定まらないんです。

 

それに気が付いたのは日々の生活のふとしたことがきっかけでした。

 

街ゆく人を見て気が付いたこと

Kos Town, Kos

ある日の帰宅途中にふくよかなアフロヘアーの黒人女性が深いスリットの入ったワンピースを着ていました。

それを見た時に、すごく素敵でいいなと思ったのです。

もしかしたら、自分のスタイルを貫いていることが羨ましいと思っているのかもしれないと気づきました。

 

そこから私は、自分のスタイルがある人に憧れを持つらしい。

ということは、私もスタイルのある人になりたいのではないか?と思い始めました。

 

ある記事を読んですごく考えさせられた

otonasalone.jp

大崎まりあさんがリツイートしていて、気になったので何気なく読んでみた記事。

これはちょうど疑問に思っていたことや悩みのヒントになるようなことが書いてあって嬉しくもありました。

 

私も、自分にとって着ていて「心地いい・しっくりくる」けど「楽しい・テンション高まる」ファッションってなんだろう?

と考えてみた時に、「ちょっとモード」、「ちょっと遊びゴコロ」が入ってきました。

今の私のファッションには全くない要素です。

 

20代までは、奇抜とかそんなファッションではないのですが、ポイントで面白いデザイン、遊びゴコロを感じる服が好きで着ていたことを思い出しました。

 

キレイめなネイビーのサマーニットなんだけど、前身ごろは無地で、後ろ身頃の上半分がドットになっていたり、ちょっと不思議なデザインの服が好きでした。

 

モードという点でも前回のブログで書いた中井英一朗さんの服に出会い、感動したばかりです。

akarimoriyama.hatenablog.com

 

結局自分のしたいファッションや生き方は何なのか?

Fashion

街ゆく人、気になる記事を読んでから、改めて自分は何が好きだったのか、自分はどう生きたいのかを考えていました。

 

実はファッションは気分的なものもあるので、今は「シンプルな中に遊びのあるデザインを取り入れる」が一番フィットするかもしれません。

しかし、本当に私は気分屋なもので、一番好きなファッションの楽しみ方はその日の気分で、ファッションやヘアメイクをOL風とか、クール、フェミニン、カジュアルとコロコロ変える事なんですね。

 

そしてどう生きたいかの部分。

仕事はずっとしていたいです。

働くのは好きなのだけど、正直なところずっと会社勤めかと言われると悩ましいところ。

たいした目標もなく、毎日ただ働いてるだけが物足りなくて逆に疲れるんです。(贅沢な悩みかも)

今は会社員なのですが、副業をしてバランスを取っているところがあるかもしれません。

副業は自分で色々と考えて目標を達成していけるので、面白みがあります。

副業を今後発展させていきたいし、副業で稼いだお金で新たなスキルを身につけて、将来的には何か自分でできるといいなと考えています。

 

おわりに

Star


この1週間はすごく考えさせられることが多かったです。

タイトルの「本当に自分がしたいおしゃれしてますか?」はまさに自分への問いかけでした。

もとは、自分に似合う服を買っているハズなのに気持ちが満たされないのはなぜだろう。

仮にトレンドメイク、トレンドファッションをしたところで、自分が満たされる気持ちになるのだろうか?

 

何か違うところに原因があるんじゃないかと思ったのがきっかけでした。

 

まだまだ結論は出ていないけれど、今後もファッションと仕事については考え続けるんだろうなぁ・・・と思います(^^;)