あかりのつき

骨格診断ストレート・パーソナルカラーサマー。より良い生き方を考えるサブブログ

「メイクが喜びに変わる答え」を読んだ感想~思考の歪み矯正~

スポンサーリンク

お題「今日の出来事」

私の好きそうな本があるぞ!と思い読んでみたのが、メイクが喜びに変わる答え ~面倒、苦手、難しい、センスがない、そもそもやらない…すべて解決!~です。

 

おしゃれ迷子相談所の大崎まりあさんがTwitterで面白いと紹介されているのを見て購入しました。

 

面白くてゲラゲラ笑いながら、一気に読んでいます。(笑えるか笑えないかは笑いのツボにもよります…)

 

メイクが上手になる方法、お悩み解決方法も書いてあるのですが、どちらかというとメイクに対する考え方、見方を変える方法が書いてあるように感じました。

 

今回は、「メイクが喜びに変わる答え」を読んだ感想を書きます。

 

メイクが喜びに変わる答え

メイクが喜びに変わる答え ~面倒、苦手、難しい、センスがない、そもそもやらない…すべて解決!~

メイクが喜びに変わる答え ~面倒、苦手、難しい、センスがない、そもそもやらない…すべて解決!~

著者は美塾塾長の内田裕士さん。

 

私より年上の方だと思ったら、それほど年齢が変わらず驚きました。

 

全国に美塾というメイクのお教室を展開している方です。

 

本を読んだ後に、Amazonのレビューを見たところ、スゴイですね!美塾の生徒さんと思われる方々のレビュー。

 

熱量が高くてやや怖いと思う方もいらっしゃるんじゃないかな…。

 

それだけ美塾に入って、お化粧に対する考え方が変わった。

物事の見方が変わって楽しくなったという人が多いという事だと思います。

一重、シワ、シミはステキなこと!

f:id:akarimoriyama:20181213134758j:plain

一般的に悩みがちな事(一重・シワ・シミなど)に対して内田さんが答えていくQ&A形式で本が進みます。

それぞれ表現は違いますが一貫して、コンプレックスはステキなことであって、コンプレックスではないよというメッセージが隠れていると私は感じました。

 

このアプローチの仕方が、心理カウンセリングで使う手法に似ているな~と思っていたら、著者の内田さんは心理の勉強をされ、心理カウンセラーの資格をお持ちでした。

 

だからか!!!!

すごく腑に落ちました。

 

表現もかなり工夫されている

f:id:akarimoriyama:20181201201216j:plain

表現もかなり工夫されています。

 

私が書くとしたら、「あなたの考え方の歪み、思い込み、洗脳を解きます」となるでしょう(笑)

 

それを、あなたにかかった魔法を解きに来たと表現されていました。

 

魔法を解きに来た」だと、抵抗なく読み進められるところはうまい表現だなと感じました。

さすがです!

 

読者を急に突き放すところも絶妙

f:id:akarimoriyama:20181213141055j:plain

お悩みによっては、自分で考えてくださいという返答もいくつかありました。

 

本で、答えを出さずに自分で考えろと突き放す勇気がすごいと思いました。

(下手したら、本の評価がマイナスになることもありますからね…)

 

自分で考えるは私も日頃思っていたことで、メイクレッスン後に自分で練習をしている時も感じましたし、日々コーディネートを考えている時にも感じた事。

 

メイクも、おしゃれも基本を教えてもらえたとしても、最終的には鏡を見るなり、自撮りをするなりして自分を知る努力と練習をしないと自分らしいおしゃれにはたどり着けません。


「自分で考える」はとても大切ですね~。

美容業界のありかたにも疑問をぶつけている

f:id:akarimoriyama:20170916211828j:plain

無駄に私たちが悩む理由の一つに美容業界のありかたが影響していると著者の内田さんはおっしゃっていました。

 

確かに、一重は美しくない、肌が白くないとダメ、シミ・シワは悪者みたいな捉え方。

 

これは、まぎれもなく美容業界がそのように広告を打ち、私たちは知らず知らずのうちに思考の歪みを引き起こし、無駄に悩みを生み出している状態。

 

全てが全て美容業界が悪いとは言い切れないけれど、もし世の中がシミやシワはあなたがこれまで生きてきた証でありとってもチャーミング!と捉えていたら、シミやシワで悩むことはなくなりそう。

 

その反面、美容外科や化粧品は売れなくなりそう…。

だから、美容外科や化粧品業界は広告を打つんですけどね…。

 

「メイクが喜びに変わる答え」を読んだ感想でした!

「メイクが喜びに変わる答え」を読んだ感想でした。

 

私たちが悩みがちなメイクや容姿に関する事は、マスコミやコスメ業界がモノを売るためにつくりだした一つの価値観にすぎない。

 

世の中の人は踊らされて無駄に悩んでしまっているという現実を心に留めておくと良いと思いました。

 

まっ、私もミーハーなので流されるの大好きですけれどね~(^-^;

知っていて流されるのと、知らないで流されるのでは違うと思います。

 

本の内容には地球、宇宙レベルでという表現もあるので、苦手な方はいらっしゃると思いますが、面白いメイク本でした。 

メイクが喜びに変わる答え ~面倒、苦手、難しい、センスがない、そもそもやらない…すべて解決!~

メイクが喜びに変わる答え ~面倒、苦手、難しい、センスがない、そもそもやらない…すべて解決!~

 

 

以前、女性に物を売るためのテクニック的な本も読みました。

広告において、どのように私たちの心が操作されているのかを知ることができます。

 

物を売る側ではないけれど、一般消費者としてどんなふうに心理操作をされているのか知るのは参考になりますよ~!

 

その本の事も、今度ブログに感想書こうかな。

 

最後までおつきあい頂きありがとうございました!