あかりのつき

骨格診断ストレート・パーソナルカラーサマー。より良い生き方を考えるサブブログ

あえて苦手・嫌いに目を向けて世界を広げる

スポンサーリンク

世界を広げるために

 

いつもしないことや苦手なことをあえてやってみよう!

 

そう思いお財布をゴールドにしてみたり、ハイブランドのバッグを持ってみることにしました。

 

実践したら、抵抗があったのは思い込みによるところが大きかったと気づきました。

 

私の場合ですが、実践したことを書いています。

 

よかったら最後までお付き合いくださいね。

 

 

苦手・嫌いこそ世界を広げるチャンス?!

何年も前から色々な方がおすすめしている方法に、あえて苦手に飛び込むと世界が変わるというのがありました。

 

ずーっと私も何かやってみたいなと思っていました。

 

本当は、同じ年のバリバリギャルの友達と仲間のチャラい人達と飲みに行くと計画していたのですが、友人が結婚・出産をしたのでそれどころではなくなりました汗

 

基本的にチャラい人はかなり苦手なので、1度飲みに行ったら気づくことがたくさんあるだろうな~!!と思っていただけに残念。

 

ということで、小さな苦手意識のあったことを2つ行動に移してみました。 

 

1.いかにも金運狙ってます!ゴールドのお財布を持ってみた

 ゴールドと言えば、金運アップ!の色です。

 

それゆえにゴールドのお財布を持っているとお金にがめつい風水すごく気にしている人と思われそうで選ぶことはありませんでした。

 

他人が持っている分には全く気にしないのですが、自分が持つとなると気になるし、違和感あるんですよね。

ゴールドの長財布を使った感想

使い始めは、お会計の時に財布を出すのがめちゃめちゃ恥ずかしかったです。

 

慣れるまで1ヶ月くらいかかりました。

 

友人とランチをした時、お財布の話になり、自分の思いを話してみました。

 

友人は、

 

ゴールドよりもイエローのお財布の方が、風水を気にしてる感がある。ゴールドはそんな風に思わない。

 

と言うので、そんなもんか~と気が楽になりました。

 

結局、気にしすぎなだけですね。

 

好きならゴールドのお財布を使えばいいだけの話だ!と思えるように。

 

使い始めて1ヶ月間は恥ずかしくてたまらなかったけど、今では何の違和感もなくゴールドのお財布を使っています。

 

2.ハイブランドのバッグを使ってみる

ハイブランドは欧米では持つにふさわしい人しか持っていない。

 

日本人の若い子たちが普通にブランド品を持っている光景は欧米の人からすると不思議なのだそう。

 

学生の頃そんな欧米のハイブランド事情を知り、身の丈に合ったおしゃれをする欧米の考え方に共感しました。

 

だからハイブランドのバッグに興味はありませんでしたし、今の私ではブランドバッグに負ける。

 

私の勝手な思い込みですが、日本人がブランドを持っていると見栄っ張り成金、みんなと同じブランドバッグを持つことに安心している自分のない人というイメージしかありませんでした。

 

いつかふさわしい人間になる時が来たら持とうと学生の頃から決めていました。

 

ブランドバッグのレンタルを利用

私の勝手な思い込みにより、ブランドバッグとは縁遠い生活でしたが、ファッションについて学ぶうちに、ハイブランドのクオリティーを知りたいと思うように。

 

知識や経験として、良いものを知っているというのは大切な事ではないか?と考えるようになりました。

 

1ヶ月間だれでも無料でブランドバッグをレンタルできるラクサスというサービスを利用。

(無料お試し期間だけで、休止してもOKなので本当に無料で借りられました)

 

ブランドバッグのレンタル詳細はこちらの記事に書いています

akarinotsuki.com

 

ロエベのバッグをレンタルしました。

 

ロエベは革の品質に定評のあるブランドで、今まで触れたのない上質な革としっかりとした作りに感動しました。

 

バッグはブランド好きの方にはわかっちゃうと思うけど、普段使っている分にはそれほどブランドのロゴも目立たず、使いやすいバッグでした。

 

ブランドも流行があるけれど修理をして長年使うという考えは好き 

すごく流行ったブランドバッグなどはトレンドが終われば、持っていると世間的には恥ずかしいアイテムになりがちです。(それがファッションの世界だからしょうがない…)

 

しかし、シンプルで普遍的なデザインのブランドバッグは修理をして長く使える素敵なアイテムだということがわかりました。

 

なんといっても、クオリティーが素晴らしいですね。

 

30万円以上するバッグの価値を使って初めて知りました。

 

苦手・嫌いをあえてやってみた感想

自分の思い込みによるところがとても大きいと感じました。

 

以前は使えないと思っていたゴールドのお財布、今では何の抵抗もなく使えています。

 

ブランドのバッグも手にしたらとても上質であることがわかりました。

 

コーディネートをTPOに合わせてしていれば、おしゃれのポイントにもなるし、見栄っ張りや成金というイメージは薄れました。

 

上手に取り入れることがポイントなんですね。

 

苦手に思っていることや、嫌いをやってみたら、思ったほど悪くなかったという事に気づきました。

 

 あえて苦手・嫌いに目を向けると世界が広がるは本当だった!

今の時代、得意を伸ばそう!なんて言われるし、とても良い事だと思います。

 

でも、苦手・嫌いにチャレンジして得られる事も大きいと身をもって経験することができました。

 

実は思い込みだったということもありますしね。

 

無理する必要はないけれど、例えばおしゃれだったら似合うと言われた色が嫌いでも、何度も使っているうちに気にならなくなるという事も大いにあります。

 

 心理学では、何度も接触するうちに好きになるザイオンス効果(単純接触効果)と言われるものですね。

 

 日々、同じことの繰り返しでつまんないな~。

何か新しい世界を広げてみたいな~という人は、あえて苦手・嫌いに目を向けてみてはいかがでしょうか(*^^*)

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 1ヶ月無料でバッグお試しプレゼント【ラクサス】

クーポンコード利用でさらに2000ポイントプレゼント

招待コード:n8sx9